脂肪を燃やせ! ウォーキング編

Pocket

こんにちは、のりへぇです。

前回は、カロリー制限への取り組みについてお話ししました。

今回は、カロリー制限と同時に取り組んだ

運動による脂肪燃焼についてお話しします。

 

のりへぇの本業は、電気工事の仕事をしています。

今は、主に入居しているテナントビルの改修や更新工事をしているので、

作業時間は、テナントの人たちが帰宅したあとの夜間になることも多く、

当日の作業可能エリアも限定されていたりすることもあり、

夜中の中途半端な時間に作業が終了してしまうことも多々あります。

テナントビルは都心部なので、

交通費の面からも電車で通勤しているのですが、

午前2時とかの中途半端な時間に作業が終わると、

始発電車まで3時間待ちとかって状況に陥ります(笑)

作業時間が短いと当然のごとく疲れてもいないし、

始発まで暇なので、この時間を有効活用できないかと思い、

もともと好きだったウォーキングを取り入れることにしました。

 

作業終了時間はまちまちなので、

その日の終了時間にあわせて、ウォーキングの目的地を変更します。

都心部は、地下鉄の駅なども含めると

目的地の多彩な選択が可能なこともあり、

始発までの空き時間でウォーキング可能な距離を考慮して、

ナビアプリを利用して、ウォーキングルートを決めます。

 

ウォーキングは、ゆっくり歩くと時速4kmくらい。

早歩きだと、時速5kmは行けます。

空き時間が3時間なら、

ゆっくりあるいて10kmで30分くらい余裕があるなぁとか。

空き時間が1時間ちょっととかだと、

早歩きで5km行けるかなぁとか、

目的地とルートを考えるのも、結構楽しかったりします。

 

目的地が決まったら、ウォーキングスタート👣

まずは、コンビニに立ち寄って大好物の発泡酒をゲット(笑)

(ウォーキング中のアルコール摂取は、脱水症状に繋がります。

絶対に真似しないでくださいね。)

 

都心部は24時間営業や朝方まで営業しているお店も多々あり、

ウォーキング中も誘惑がたくさんあって、飽きることはありません。

ルートによっては、こんなところを通ったり

 

 

言わずと知れたオネエの聖地です(笑)

のりへぇにはその気はありませんが、

オネエ達はサービス精神も旺盛で、楽しい人達なので・・・

誘惑に負けそうになるところですが💦

目的はウォーキングなので、心を鬼にしてスルー

マツコ・デラックスみたいな方もたまにお見掛けしたりして、

ビジュアル的にも楽しませて頂いてます(笑)

 

ウォーキングの距離は、上限10kmくらいが丁度いいのですが、

当時ののりへぇは不純な動機でテンションも上がりまくっていたため、

(不純な動機の詳細は、前回記事をご参照ください。)

http://norihey.com/takeya7212.sakura.ne.jp/%e3%81%af%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%81%e3%81%a1%e3%82%83%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e9%96%8b%e5%a7%8b/

始発まで4時間とか時間がある時は、

調子にのって23kmとか歩いた時もありました(笑)

40,000歩超えとか、完全におバカです(笑)

20km以上歩くと、手がむくんでパンパンになったりします。

発泡酒のせいもありますが完全に脱水症状ですので、

絶対に真似しないでくださいね(笑)

 

もっとも歩いた週は、1週間で210,000歩 ( ゚Д゚)

(ごめんなさい、証拠画像を保存し忘れてました)

完全におかしいです(笑)

(きちんと自己管理しながらウォーキングされている方も

いらっしゃると思いますので、そちらを参考にしてください。)

 

まぁ、のりへぇのウォーキングは完全に趣味の領域ですし、

たまたま都心部での夜勤とか、時間的な制約もあるので、

実践できる方はほぼいないかと思われます💦

断片的に参考になる部分もあるかと思いますが、

のりへぇのおバカな体験ということで、笑いの種にでもしてくださいね(笑)

 

ちなみに、ウォーキングで消費できるエネルギーは、

1kmあたりおよそ50kcalくらいです。

ラーメン1杯食べたら、10km歩けばほぼチャラ・・・

って無理ですよね~ (´;ω;`)ウゥゥ

ウォーキングでの脂肪燃焼も、かなり険しい道のりです💦

 

 

そこで、のりへぇのはちゃめちゃダイエットは

カロリー制限とウォーキングの他に、もう一つ取り組んだ運動があります。

次回のブログは、そのもう一つの運動についてお話しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です